宇宙空間への散骨の自然葬が話題に

現代では少子化により、お墓の管理が難しく、自然葬を望まれる方も増えてきました。

日本でも古代は自然葬でのお別れが一般的でした。

自然葬とは、遺骨をお墓に入れず、野山や海などに散骨することです。

「自然に回帰する」という、古くからの日本人の死生観が詰まっています。

自然葬のなかでも特に現在注目を集めているのは「宇宙葬」です。

その名のとおり、遺骨を宇宙空間に散骨します。

比較的新しい散骨スタイルです。現在では、宇宙葬を中心、専門に葬儀サービスを取り扱っている葬儀会社も増えてきました。

話題の改葬に関するマニアックな情報をお届けします。

葬儀会社のシステムにもよりますが、専用のカプセルに遺骨をつめて宇宙空間に打ち上げます。

打ち上げられたカプセルは、地球の軌道に乗り、数年間にわたって地球の周りを周回するのです。

会社によっては、専用アプリでカプセルの周回位置を知ることができるサービスもあります。

長い旅立ちの終わりには、カプセルは大気圏に突入します。

地球には無害の形になり、輝く流れ星になって消滅するのです。


とうとう宇宙空間での散骨も可能な時代になってきました。
世界中が「宇宙葬」に注目していて、とうとう日本でも話題になってきているのです。

「星になって見守っている」という詩的のとおり、輝く流れ星になるのです。

ジョルダンニュース!情報が揃っています。

宇宙はいつまでも人間の未知の世界であり憧れです。

人生の最期の締めくくりに宇宙を見てみたい、という方が増え、宇宙葬が話題になりました。

大変近代的な葬儀スタイル、是非調べてみてはいかがでしょうか。



Copyright (C) 2016 宇宙空間への散骨の自然葬が話題に All Rights Reserved.