お墓を持たない自然葬の種類と方法

自然葬とは、自然に還る形式の葬儀方法で、主に海や山、故人の思い出の地や故郷などにご遺体やご遺灰を還す事を指します。

最近では、子供や家族が遠くの地で暮らしているためお墓参りや維持が大変であったり、抽選になかなか当選せずお墓を買えない、もしくは高価すぎるという理由でお墓を持たない人が増えています。

ジョルダンニュース!に関する情報が満載です。

また、散骨する場合、特別に業者に依頼しなくれはならないわけではなく、自分の手で行うこともできるため、費用を抑えることができるだけでなく、ご遺族や故人の望む形で葬ってあげることができます。
しかし、自然葬を行える場所には決まりがあったりしますので、事前によく調べる必要があります。

そういった点で、安心のできる葬儀社にお願いするのもよいでしょう。



お墓に埋葬するのと違って、期間に決まりがなく、ゆっくりと納得のいく形でご遺骨を葬ってあげることができます。

なお、自然葬を行う場所で一般的といわれるのが海です。



山などの陸地では、散骨を行える場所が決まっているのですが、海であれば陸ほど規制が厳しくありません。他に樹木葬というのもあり、ここでは墓地や霊園の樹木の下に遺骨を埋葬してもらう方法です。

こちらには大きな種類が2つあり、一定期間個別はまた夫婦で埋葬後他のご遺骨と合葬するタイプと、初めから合葬するタイプにわかれます。
しかし、樹木葬は一般的に初めから合葬する場合がほとんどです。

いずれにしても、自然葬は、あとを継ぐ方がいない場合の埋葬方法なので、永代供養をご希望の方はお墓を持たれる事をオススメします。

Copyright (C) 2016 お墓を持たない自然葬の種類と方法 All Rights Reserved.