海に散骨する海洋葬とは

葬儀の後、故人の意向に従って、お骨をお墓ではなく、樹木の下に埋葬したり、海に散骨をしたりする方法を選ぶ方が増えています。これはお寺との付き合いが大変、お墓を建てる費用がない、特定の宗教や宗派に属していない、後継ぎがいなくお墓を守ってくれる人がいない、といったことが理由となり、注目されています。

お骨を埋葬する形の樹木葬はお墓に近い形態のため違和感を感じる方は少ないのですが、海や山に散骨する方法は抵抗を感じる方がいます。

livedoorニュースを求める人にお勧めしたいサイトです。

そのため、散骨を行うときはあらかじめ親戚などに了承を得ておく必要があります。

海洋葬情報を集めました。

海に散骨する方法を海洋葬といいます。


海洋葬はあらかじめ粉末状にしておいたお骨を水に溶ける紙を利用しながら海にまく方法で、上記の理由の他に、海が好きだったり漁師など海に関係した仕事をしていたりする人に選ばれています。



海洋葬を行う場合、粉末状にお骨をしなくてはいけないこと、決められた海域にまくことが大事ですので専門の業者にお願いした方がより確実です。
海洋葬の場合でも普通の葬儀はします。

ですが、菩提寺がある場合、宗教的観点から海洋葬を認めてもらえないこともあります。そのため、菩提寺がある場合は散骨を行う前にきちんと相談をしておくようにします。

海に散骨をする際は船にのって特定の海域まで行きます。

その際、個人でチャーターする場合と他の家族の方と一緒に合同葬的な形でチャーターする場合とがあります。

合同で散骨をする場合、自分の好きな日は選ぶことが難しいため希望の日があるのであれば、はやめに業者に問い合わせるようにします。


Copyright (C) 2016 海に散骨する海洋葬とは All Rights Reserved.